【13の理由・シーズン1・2話】カセット1:B面 あらすじ感想【ネッフリ】

こんにちは、みなさま、お疲れ様です。

Netflixオリジナルのドラマ【13の理由

1話見ると続きが気になって早速2話目です。

Netflixオリジナルドラマを見ている人

どれくらいいるのでしょうか?

第2話「カセット1:B面」の

作品の詳細とあらすじ、感想を書いていきたいと思います。

13の理由

13の理由

13の理由をご覧になる前に

作品の冒頭にも出演キャストによって注意喚起がありますが、

Netflixオリジナルのドラマ【13の理由

実社会の問題を扱うフィクション作品で

性的暴力、薬物の乱用、自殺などの題材が含まれます。

過去につらい経験をした方はみるに堪えない部分もあるでしょう。

そのような方は視聴を避けるか信頼する人とみてください。

※この作品は実社会の問題を扱うフィクション作品で
性的暴力、薬物の乱用、自殺などの題材が含まれます。

このドラマをきっかけに問題意識が高まると幸いです。

過去につらい経験をした方は
視聴を避けるか信頼する大人とみてください。

悩みを相談したいときは、
両親や友達、学校のカウンセラーがいます。

地域の相談窓口にも相談できます。
勇気を出して話すことで楽になることもあるはずです。

If you or someone you know needs
help finding crisis resources,visit

相談窓口のサイト
13ReasonsWhy.Info

作品詳細

原作・制作

ブライアン・ヨーキー

  • 2017年3月シーズン1 公開
  • 2018年5月シーズン2 公開
  • 2019年8月シーズン3 公開
  • シーズン4 制作中?

キャスト

  • ディラン・ミネット/吹き替え:杉山紀彰
  • キャサリン・ラングフォード/吹き替え:山根舞
  • クリスチャン・ナバロ/吹き替え:谷口悠
  • ブランドン・フリン/吹き替え:新祐樹
  • アリーシャ・ボー/吹き替え:濱口綾乃
  • ジャスティン・プレンティス/吹き替え:小田柿悠太
  • ミシェル・セレーネ/吹き替え:弘松芹香
  • スティーブン・シルバー/吹き替え:大泊貴揮
  • ロス・バトラー/吹き替え:水中雅章
  • マイルズ・ハイザー/吹き替え:野田てつろう
  • デヴィン・ドルイド/吹き替え:霧生晃司
  • エイジオナ・アレクサス/吹き替え:小若和郁那
  • トミー・ドーフマン/吹き替え:渡辺和貴
  • ティモシー・グラナデロス/吹き替え:西谷修一
  • ソシー・ベーコン/吹き替え:寺依沙織
  • ブランドン・ラーラクエンテ/吹き替え:霧生晃司

カセット1:A面のまとめ

カセット1:A面のまとめ

  • ハンナが自殺
  • クレイにテープが届く
  • テープではハンナの自殺の理由が語られている
  • テープ1:A面の主人公はジャスティン
  • クレイはトニーのウォークマンを借りる
    (こっそり盗るがトニーは気付いている)
  • ハンナの親友のキャットが引っ越してしまう
  • キャットとジャスティンは付き合っていた
  • ハンナがジャスティンを好きになる
  • ハンナとジャスティンは夜の公園でキスをする
  • ハンナが滑り台から降りてくるときのパンチラ写真が拡散される
  • トニーはテープには出てこないがテープの内容を知っている

カセット1:B面のあらすじ

カセット1:B面のあらすじ

ジェシカとアレックスという親友ができたハンナ。2人も自分と同じ転校生だった。ジャスティンは欠席し続け、あるものを発見したハンナの母は…。

Netflixより

13の理由 カセット1:B面

カセットの続き

テープ

テープ

「引き続き聴いてくれてありがとう」

今回もハンナの声から始まります。

次に登場するのは誰かしら。

あなた?

その理由は?

ひどいことした?何もしてない?

自覚すらないかも。

何もしなかった人も後悔しているかも。

でも手遅れ。

私はもう死んでる。

悲しい声の裏側で

映像はクレイの記憶でしょうか。

ハンナがバイト先の映画館に制服を置いて去る姿

そして、ハンナとクレイがイチャイチャしている映像。

そして目が覚めるクレイ。

クレイの夢だったか。それとも記憶でしょうか??

朝ごはん

クレイは反抗期なのか、

朝ごはんで呼びに来る母親に文句ばかり。

母親もなんだか少し過保護な様子。

同じ学校の子が自殺をしたら、親は心配になるのかな。

長らく一緒に食事をすることがなかったらしく

今後は朝ごはんを一緒に食べようとの母の考えでした。

そして余計なお世話に薬も用意していました。

話の流れで以前も飲んでいた様子ですが、

精神安定剤か何かでしょうか?

勝手に薬を用意していたことに気を損ねたのか

リビングを飛び出し学校に行くクレイでした。

クレイの様子は見るからに

思春期真っ只中という感じです。

母親も心配しすぎ、干渉しすぎはよくないですね。

周りの視線

周りの視線

周りの視線

学校に向かうクレイの様子に

並行して流れるハンナのテープの音声。

「テープを聞いてくれる理由はわかってる

他に誰が私の死にかかわっているのか聞けばわかる

これからあなたも他人にさらされる

不安でたまらない?高校ってそんなもん。

誰を信じればいいかすらわからない。」

テープを聞いている人たちを疑心暗鬼にさせるようなセリフです。

実際に、周りの目を気にして校内を歩くクレイ。

そして、クレイの様子を見ている人が数人。

みんなテープのメンバーでしょうか?

それとも運動ができなさそうなクレイが体育館を歩いているから…?

クレイは体育館に来て

「ジャスティンを探している」とコーチに伝えます。

ジャスティンは部活に顔を出していないとのことでした。

テープ1のA面を聞いて

ジャスティンに会いに行こうと思ったのでしょう。

クレイの行動の意図がつかめないですね。

B面の主人公

お待ちかね、テープ1:B面の主役は

ジェシカ・デイヴィス

ハンナの元友達

ジェシカ

ハンナとジェシカ

カウンセリングという名目で

ハンナとジェシカが呼び出され知り合います。

二人とも転校生で、友達になったら?と先生からの提案。

そんな先生の配慮を無視して

初対面から口げんかする2人でした。

偶然か必然か、帰り道に再開するハンナとジェシカ。

2人は文句を言いながら距離を縮める。

帰り道にモネというお店でココアを飲むのでした。

皮肉から始まる友情ですね。

うわべだけで相手の様子をうかがう状態と比べると

感情を素直に出せる状態で知り合えるほうが

よっぽどいいような気がします。

大人になって会社で働くようになると

周りの目とかを気にして、

どうしてもうわべだけで接してしまのではないでしょうか。

ジャスティンが行方不明

B面のテープ、ジェシカの話と並行して

現在ではジャスティンは行方不明。

起こりながら教室に入ってくるジェシカ。

ザックに「ジャスティンと連絡が取れない」と

かんしゃく気味に問い詰める。

クレイとジェシカは知り合いの様子。

ジャスティンはなぜこない?とジェシカに問うクレイ。

ポーター先生に会いに行った後いなくなったとのこと。

そして現在、ジャスティンとジェシカは付き合っている。

ジャスティンモテモテだな。

3人の友情

モネ

in モネ

モネは今後ハンナとジェシカの集合場所になります。

そこで一人でいるアレックスを見つけます。

アレックスも転校生で、3人で過ごすようになりました。

3人でいつもモネに集まって

世間について毒づいたり、励ましあったり。

3人の友情は永遠!

と思っていたのもつかの間。

アレックスはほかの友達ができ、

ジェシカも次第にモネに来なくなります。

ひとりになったハンナ。

ハンナはある日学校で

距離の近いジェシカとアレックスを見つけるのでした。

何か言いに行けばいいのに、

静かにそっと向きを変えて去るハンナ。

ハンナの後ろ姿がすごく切ない。

せっかく親友になったのに裏切られたという感じでしょうか。

そして気にせずにいようとしてる時こそ

ジェシカとアレックスが一緒にいるところに遭遇するんですね。

映画館でバイトをしているハンナ。

休みの子の代わりに

普段出勤しない水曜日に勤務。

すると水曜日は休みと把握している

ジェシカがやってくる。

「今日休みじゃないの?」

「カレンと代わったの」

なんだか気まずそうなジェシカ。

そんなジェシカに

親友だから、とチケット代をサービスするハンナ。

そして横からひょっこり現れたアレックス。

アレックスには事情は話さず、有料でご案内。

ジェシカに対しては怒っていないけど

アレックスに対しては怒ってる…?

ハンナの中でさりげないランク付けがあるようです。

ハンナはジェシカを高く評価しています。

ジェシカは男に好かれるタイプ

好感が持ててチアリーダーにピッタリ。

表彰式

ジェシカも参加するチアダンスの後に

校長の紹介で出てきたのがブライス・ウォーカー

ブライス

ブライス

キャプテン賞の受賞

フットボール部と野球部の副キャプテンを務める

タフな男

生まれながらのリーダー

高評価で表彰されるブライス。

ブライスの指揮によってスタメンの紹介が行われます。

そこにもジャスティンの姿はありませんでした。

ジェシカの本心

ジェシカは思ったことをはっきりと口にするタイプ。

テープのことについて聞こうとするクレイに対し、

黙って聞いてれば?とか平気で言っちゃいます。

そして感情も素直に相手にぶつけます。

ある日ジェシカはハンナを呼び出して問い詰めます。

「ハンナはアレックスを奪った。」

ハンナには身に覚えがなく

「関係ない」と伝えますが

ジェシカは全く聞く耳を持ちません。

ジェシカが見せたのは1枚の紙。

アレックスのリスト。

この紙が原因でジェシカは振られたとのこと。

そして渾身の平手打ちをハンナにぶちかまして

お店を去るのでした。

映像は現実に戻り

モネでお茶をするジェシカとクレイ。

ジェシカの言い分は

「ハンナはうそつき」とのこと。

テープの内容は真実ではないと言いたいのでしょうか。

ブライスの家

ザックとデンプシー

ザックとデンプシー

学校の帰り道に

ザックとデンプシーがクレイを誘います。

「送ってやる、ブライスの家に行こう」

クレイはザックとデンプシーと仲がいいわけでない。

でも連れて行こうとした。

その理由について、ジェシカに質問します。

「ブライスの家まで送ってやる」といわれた、

なぜ彼らは僕と友達に?

クレイの質問に答える前に、

ジェシカは「あぁ、そういうことね」

そう言って席を立ち、モネを去るのでした。

ブライスの家

ブライスの家

ザックとデンプシーがブライスの家に到着。

「隠れているのは内緒」と言いながら

ブライスが案内したのはプールの横の部屋。

ブライスがかくまっているのは、

みんなが探しているジャスティンでした。

ジャスティンはブライスの部屋で

だらだらとゲームをしています。

ザックとデンプシーは

ジェシカがジャスティンを探していることを伝えますが

ジャスティンは気にせずゲームを続ける。

いいご身分だな。

ブライスは事情も聴かずにかくまっている。

1話で出てきたキャットが

ブライスはやめとけって言ってたけど

めっちゃいいやつやん!

しばらくしてジェシカもブライスの家に到着。

というか無理やり押し掛けた様子。

またもやかんしゃく気味にジャスティンに質問攻め。

ポーター先生に何を話したの?

何で休んだの!

クレイがテープを持ってる!

クレイがみんなに言うかも…。

ザックとデンプシーは

何も言わずゲームをしているので

テープのことをは理解している様子。

クレイはどこまで聞いた?

まだそこまで聞いてない。

聞かれちゃまずい内容があるのでしょうか。

ジェシカにはテープの内容は嘘と伝えているのでしょう。

ジャスティンが隠れた理由は

テープが真実だからなのかもしれないですね。

リスト

夜、自宅でハンナのことを想う母。

ハンナの母が、適当に取り出した紙。

そこに書かれていたのは

体の部位と女の子の名前。

「最高のケツ」という項目には

ハンナの名前がありました。

母はハンナの父親にもリストを見せます。

「ハンナは学校でいじめられていた」

でもいじめられていた証拠がない。

父は「証拠を探せば知りたくない過去も出るぞ」

母に助言をします。

しかし母は「私にはわかる」と根拠のない自信。

そして電話を掛けます。

相手は…

トニー?!!

ハンナの母とトニーの関係

ハンナの母が電話を掛けたのはトニー。

「すぐそっちに行きます。」

ハンナの家に到着するトニー。

家族のようにハグをして家に入っていくトニー。

「いった通り 複雑なの」

ハンナのセリフを最後にエンドロールに入るのでした。

トニーは何者なんだ。

ハンナのアシスタント?

状況を全部知っていて、

クレイがテープを聞く様子を見張ってるし

事情を全部知っている様子だし

ハンナの母親と親しげ。

今回もしっかり謎を残して終わってしまいました…。

まとめ&総合的な感想

カセット1:B面のまとめ・推測

  • カセット1:B面の主人公はジェシカ
  • ハンナとクレイはイチャイチャする関係だった?夢?
  • ジャスティンが学校に来ていない
  • ハンナとジェシカが仲良くなった
  • ハンナとジェシカにアレックスも加わった
  • 3人の友情は永遠と言ってたけどすぐ友情破局した
  • ジェシカとアレックスが付き合った
  • アレックスのリストが原因でジェシカ振られた
  • ジェシカはハンナがアレックスをとったと思っていた
  • ザックとデンプシーはブライスの家に行く
  • ブライスの家にジャスティンが居候中
  • ブライスの家にジェシカも押し掛ける
  • ハンナの母がリストを見つける
  • 母はリストの事情を聴くため電話する
  • 母が電話したのはトニー

1ーAはジャスティン
1-Bはジェシカ

あと11人がテープに出てくるのでしょう。

今テープを持ってるのがクレイ。
クレイはきっとまだまだ出てこない気がします。

そしてテープの事情を知っていそうな人は

ザック
デンプシー
コートニー

上記3人はこれから出てくるのではないでしょうか。

トニーは、トニー自信が出てこないと言っていました。

そしてブライスがテープを聞いているなら

ジャスティンが事情を話すんじゃないかな?

ジャスティンから何も事情を聴いていない様子なので

キーマンだけどテープには出てこないのではない?

まだまだ始まったばかりなので

ゆっくりと続きを見ていきたいと思います。

総合的な感想

個人的にとても気になるのがトニーの存在です。

トニーはいいやつなのか

それとも悪いやつなのか?

クレイのそばを離れないあたり、

心配している感じでとてもいいひとに見える。

そしてハンナの母親に快く家に招かれている様子。

謎が多き男です。

ハンナの母親とはどういう関係なのでしょうか?

ハンナが生きていたころから

ハンナの家に出入りしていたのでしょうか?

見れば見るほどトニーへの興味が高まります。

そして、いいひと過ぎて

裏があるんじゃないかな、とお思っちゃいます。

逆に見れば見るほど残念なのがジャスティン。

最初はキャットの彼氏。

ハンナに笑顔で誘惑してあっという間に両想い?

写真を男仲間に見せびらかす。

現在ではジェシカの彼氏。

モテモテなのはその人の魅力だからいいとしても、

学校を急に休んで、音信不通。

ブライスの家にいたことが分かり

何をしているのかと思えば

葉っぱ吸ってハイになったり、だらだらとゲーム?

何考えてるんだこいつは。

まだジャスティンの話は全部出ていないようなので、

クレイがテープの先を聞いたら

ジャスティンはどんな行動を起こすのか見ものですね。

そして今回主人公のジェシカ。

「ハンナはうそつき」と言っていましたね。

モネに来なくなったのはハンナのほう。

3人の友情が壊れた原因はハンナだと言っていました。

そして、アレックスを奪ったハンナは尻軽女と

ののしる場面もありました。

思った意見をはっきり言えるのはすごいことですが

さすがに言いすぎ。

常にかんしゃくを起こしキーキーと怒る様子は

なかなか好きになれないキャラクターでした。

ジェシカは素直すぎるのか、

噂話を本当と思い込んで相手を傷つける。

本当のことを知らないからと言って

相手を気付つけていいわけではないですよね。

人の話を最後まで聞かないで、

自分の意見を一方的に伝えて去っていくなんて、

結局答えから逃げている弱虫なんじゃないかとも思ってしまいます。

会社や学校で人の話を聞かず自分の意見をぶつける人、

あなたもそんな人に

一度は出会ったことがあるのではないでしょうか?

言葉は刃物といいますが、

乱暴な言葉をぶつける前に、頭の中で発言を整理して

言ってもいいか考えて発言してほしいですね。

SNSが普及した現在では

噂か真実かの区別がつきにくいものが多くあります。

まだ2話しか見ていませんが、

噂話や一方的な意見のぶつけあいなど

現在の社会での実際の問題があちこちにちりばめられている

そんな作品だと思いました。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

>>Netflixについてまとめました

【ネッフリ】やめられない5つのおすすめポイント・サービス紹介
動画配信サービスと言えば? Hulu、U-NEXT、DMM.com、Amazonプライムビデオなど色々ありますね。 中でも、私の1番のお気に入りは、Netflixです。 今回はNetflix(ネットフリックス)のサービスと Netflixがやめられない5つのおすすめポイントをご紹介していきたいと思います! ※ページの情報は2018年8月時点のものです。 最新...

Netflix appダウンロードはこちら