【バケツ理論と天秤理論】花粉症 なぜ発症するのかをかんたんに解説

花粉症

クジの健康診断へようこそ! こんばんは、クジです。

くしゃみ・鼻水・鼻づまり…。

そのほかたくさんの症状が現れる花粉症

スギ花粉、ヒノキ花粉、ブタクサ花粉など、1年中つらい方もいるのではないでしょうか?

今回は「つらい花粉症がなぜ発症するのか」

そして「花粉症になる理論」と「対策」について解説したいと思います。

スポンサーリンク

1.花粉症はどうして発症するのか

人はどうして花粉症になるの?

それは、次のような流れです。

  1. 鼻の中に植物の花粉がはいってくる。
  2. 花粉が粘膜について、粘膜内のマスト細胞という細胞にくっつく。
  3. 再び花粉が鼻の中にはいると、マスト細胞がヒスタミンなどのアレルギー誘発物質をだす。
  4. 花粉に対するアレルギー反応がおこる

アレルギー反応、つまり鼻水がでる等の症状が現れます。

2.バケツ理論と天秤理論

花粉症になる2つの理論をかんたんに紹介したいと思います。

バケツ理論

bucket

一昔前、「バケツ理論」という言葉がでたのは知っていますか?

毎年、花粉の「アレルギー物質」がすこしずつ体内にたまり、その人の許容量をこえると花粉症になるという考え方です。

バケツの大きさは人によって違い、満タンになった時に花粉症になると考えられていました。

しかしそれだと治る人がいたり、ある年だけ花粉症にならないという人に対する理論が成立しませんでした。

天秤理論

天秤

バケツ理論の後、今現在(2020年時点)では「天秤理論」が有効とされています。

天秤理論は、その年の花粉量と抵抗力の量が天秤のようにバランスをとっていて、

「その年、その場所にまう花粉の量」が「自分の抵抗力」を上まわると花粉症になるという考え方です。

つまり例年より花粉が多い年に、普段より体調がわるい時花粉症が出やすいということですね。

3.症状を抑える対策

花粉症にならない方法はあるの?

  • 花粉症になりたくない人
  • すでに花粉症の人は、少しでも症状をへらしたい人

このような人は以下を試してみてはいかがでしょうか?

1.花粉を体に取り込まないようにする

そもそもの原因である花粉を体に取り込まないようにしてみましょう。

  • マスクを装着する
  • サングラスやメガネをかける
  • 洋服についた花粉を払ってから部屋に入る
  • こまめに手洗い、うがいをする
  • こまめに掃除する

眼鏡は花粉用も売っていますが、普通のメガネや伊達メガネでも大丈夫です。

裸眼に比べて60%ほど除去できるようです。

そして、ウイルスなどと同じく、手に花粉が付いた状態で顔を触ると悪化しやすいので、こまめに手洗いうがいを行うこと少し楽になるはずです。

2.免疫力を上げる

免疫力(基礎体力)をあげましょう。

そのためにできることは下記となります。

  • ストレスをためない
  • 食事はバランスよくたべる
  • 睡眠をしっかりとる
  • 運動をする
  • 体温を下げない

人はストレスを受けると、自律神経のバランスが崩れて内臓の機能がうまく働かなくなり、食欲がなくなる、睡眠がしっかりとれない、疲れやすくなる、基礎体温が下がるなどの影響が出ます。

なので、腸内環境を整えて免疫力を上げましょう!

花粉症予防に「乳酸菌」が含まれたヨーグルトやチーズ、おみそ、納豆などの発酵食品を召し上がれ♪

仕事や学校があるひと、ニートの人、どのような人でも生活習慣を変えるのはなかなか厄介です。

できることから少しづつ生活に取り入れてほしいと思います。


免疫力については、下記の記事で詳しくまとめています。

【免疫力を高める方法:3選】風邪・花粉・ウイルスから身を守るには結局コレ!
クジの健康診断へようこそ! こんばんは、クジです。 台風が増えてきて、そろそろ秋冬に向けて気温が下がってくる頃かと思いますが、体の準備はできていますか? ...

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は下記について解説しました。

  • つらい花粉症がなぜ発症するのか
  • 花粉症になるバケツ理論と天秤理論
  • 症状を抑える対策

まだ症状が出ていない人もこれから花粉症にならないために。

そして、すでに症状の出ている人は、少しでも症状が軽くなるように、少しでもお役立ていただければ幸いです。

ここまでご覧いただきありがとうございました。
またお越しください。

スポンサーリンク