映画シンデレラ(2015)実写感想 魅力的なCGに魅了される

(C)2015 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

小さい頃から何度もビデオで見ていたディズニーアニメのシンデレラ。

実写化した時は衝撃的でした!

アニメ実写化が多いここ最近で、

ディズニーは徹底して夢を壊さない演出が素敵です。

一言あらすじ:シンデレラが継母にいじめられながらも王子様と結ばれる

一言感想:アニメを超える実写化作品

スポンサーリンク

映画詳細

(C)2015 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

  • 監督:ケネス・ブラナー
  • 制作:アメリカ(2015年)
  • 上映時間:105分

キャスト

  • エラ〔シンデレラ〕:リリー・ジェームズ
  • トレメイン夫人:ケイト・ブランシェット
  • キット王子:リチャード・マッデン
  • フェアリー・ゴッドマザー:ヘレナ・ボナム=カーター
  • 大公:ステラン・スカルスガルド
  • ドリゼラ:ソフィー・マクシェラ
  • アナスタシア:ホリデイ・グレインジャー

あらすじ

(C)2015 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

エラという少女は貿易商の父と母と3人で暮らしていましたが、母は病気で亡くなりました。父は旅に出る仕事の為、娘のエラが寂しくないように、再婚をします。
新しい家族として、継母と二人の姉がやってきます。

そして父も旅先で病気を患い帰ってきませんでした。継母は家のお手伝い達を暇に出し、エラを召使いのように働かせました。
継母と姉2人のあまりの仕打ちにエラは馬に乗り森へ飛び出しました。馬が暴走し、森をさまよっていると、城で働いているというキットと名乗る青年と出会いました。

ある日お城で王子様の妃選びの為に舞踏会が開かれることになりました。
エラは城で働いているというキットに会うためになんとか舞踏会へ行こうと、母の肩身のドレスを手直しして準備をするのですが、せっかく用意したドレスも継母にボロボロみされてしまいます。

泣いて悲しむエラの前にフェアリーゴットマザーが現れて魔法の呪文を唱えるとかぼちゃが素敵な馬車に、ドレスも素敵に早変わりし、シンデレラは舞踏会へ向かうのでした。

感想

(C)2015 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

個人評価:★★★★(4/5)

どうせ適当なCGでごまかして中途半端なものになるんだろうな。

と、勝手に思っていたのですが、

ドレスの魅力、ガラスの靴の輝き、魔法のシーンの魅力、素晴らしくて文句なしでした。

CGめちゃくちゃ綺麗やん!景色や雰囲気も素敵やん!

ありきたりな物語がCGが入ることで何倍にも楽しめる、そんな映画でした。

ストーリーはアニメのシンデレラとさほど変わりなく、

淡々と物語が進んで行く感じなのですが、

アニメには表現されていなかった本当の母親との生活のシーン、

王子と国王とのやりとり、そして別れなどが表現されていました。

それぞれのキャラクターがアニメ版よりもすごく人間らしく、

感情移入して見てしまいました。

アニメだと、ただただ意地悪をする継母というイメージだったのですが、

継母の過去や結婚した理由などが表現されていました。

辛いことがあったからこそ、自分の娘を一番に思い、

そしてずっと愛され育ったシンデレラに嫉妬して、意地悪してしまったのかなぁと。

シンデレラ目線の結末として

王子と結婚してより良い国づくりを目指しました、めでたし。

とすごくハッピーエンドの物語でしたが、継母がなんとも報われない。

モヤモヤが残る。

正義と悪がある映画は、

悪に関しては触れず、勝利で幕を閉じますが、

悪には悪の事情があるってところを表現しちゃうと、

こんなにスッキリしなくなるのか。

だからなのか、継母の最後のシーンがすごく頭に残っています。

アニメ版が好きで、実写化を毛嫌いしている人とか、

追加されているストーリーもあるし、ぜひ見てほしいですね。

動物たちに対しての描写はアニメよりは少ないですが、

映像も綺麗なので、すんなり受け入れられるのではないかと思います。

この作品はU-NEXTで見ました。

※ページの情報は17年7月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

U-NEXTについてはこちら↓

<<U-NEXTについてまとめました>>

>>>その他「シンデレラ」の商品はこちら

ここまで読んでいただきありがとうございました。