【FF6】ストーリーを時系列順にわかりやすく解説【ファイナルファンタジー6】

クジのサマリー図鑑へようこそ
こんばんは、クジです。

今回は、「ファイナルファンタジーVI」のストーリーを時系列順に解説していこうと思います。

私がyoutubeにあげている動画でまとめています。
もし文字を読むのがめんどうでしたら、動画をみてください。

スポンサーリンク

1000年前

これは、1000年前にさかのぼります。

元々人間と幻獣は仲良く共存していましたが、「魔大戦」という大きな戦争がありました。
三闘神幻獣や魔導師を率いて争った、いわば神の戦争。

幻獣とは、元々地上の生き物が、三闘神によって力を与えられた存在。
そして、幻獣から力を与えられて魔法が使えるようになった人間が魔導師。

しかし決着はなかなか付きません。
三闘神は自らの過ちに気付き、幻獣たちに自分達が復活しないように命じ、自らを魔力の抑えられる結界の奥で石化。
さらに三闘神が、お互いを監視することによって力の均衡を保ちました。

幻獣達も封魔壁の奥に住むようになり、ごく一部の魔導師達は、普通の人間たちに恐れられていた。
なので、人里離れた村にひっそりと住んでいました。

地上には、魔法が亡くなったものとされていました。
そうやって魔大戦は終結します。

20年前

そして現在より20年前。

とある女性が幻獣界に迷い込んだ。
名をマドリーヌ。

そんな彼女を温かく受け入れた幻獣マディン。

人間と幻獣は相容れないと言われていましたが、二人は愛し合い子供ができます。

その子供こそ、本作の重要キャラクター「ティナ」である。
この幸せが続けばよかったのですが、そうはいきません。

帝国のガストラが、意図的に幻獣界へと侵入します。

人間を追い出す結界によって、ティナ・マドリーヌ・ガストラを含む人間は、幻獣界から追い出されました。
気が付いたガストラは、赤ん坊のティナと幻獣たちをとらえます。

帝国は、失われたはずの魔力の抽出に成功し、世界的にも驚異的な軍事力をもつようになった。

現在(前半)

そして現在となります。

ティナは人間と幻獣のハーフであるために、生まれながらにして魔道の力をもっていました。

その実力は恐ろしいもので、50人の兵士を3分で倒すことができました。
しかしティナは帝国の「あやつりの輪」によって、コントロールされているのです。

氷漬けになった幻獣を見つけたという情報を得た帝国は、ティナを派遣しました。
氷漬けの幻獣と接触したティナは幻獣が、青い光に包まれ意識を失います。

ティナがロックに助けられた後

そんなティナのことを探していたトレジャーハンターのロックは、ティナを救います。
ロックは反帝国組織リターナーに所属する青年です。

かつて帝国に、愛する人レイチェルを殺されてしまいました。
自分と同じような人をこれ以上増やさないためにリターナーに…。

ロックのおかげであやつりの輪が外れ、帝国からの操り人形から抜け出します。
しかし、自分の過去を思い出せません。

自分の出生やどうして魔法が使えるのか…。
ロックは、そんなティナを守ると誓います。

ロックはティナを連れて砂漠の王国フィガロに行きます。

フィガロの国王エドガー。
女好きな色男。
しかし思慮深く優しい人物。

そんなエドガーは、表向きでは帝国と同盟を結んでいたが、対抗するため、リターナーに参加したいと思っていました。

帝国は、魔導の力を使い世界でたくさんの国を滅ぼしていたからです。
ティナがかくまわれているという情報を掴んだ帝国は、砂漠の王国フィガロを襲ってきました。

ケフカが兵士を連れてやってくる

現れたのは、本作のラスボス帝国魔導師ケフカ。
このケフカがティナに「操りの輪」をつけていたのです。

ケフカは、フィガロ王国を焼き払いました。
そのことを想定していたエドガーは、ケフカを出し抜き、追手を振り払います。

その後、彼らはリターナーの本部で作戦会議を開きます。
帝国の持っている魔導の力は強力。
今止めないと世界は支配される。

そんな魔導の力は、幻獣と何らかの関わりがあると思われる。
ティナに、幻獣と会ってもらわなければならないと判断しますが、ティナは怖いといいます。

自分の意志でなかったとはいえ、多くの人を殺してきたことには変わりない。
ロックの強い励ましにより、ティナは怖がりながらも、帝国と戦う決意を固めます

リターナーに帝国侵攻の知らせが届き、一行は二手に分かれることになる。
ロックは帝国からの追手を邪魔するために、ティナとエドガーたちは幻獣のもとへ向かう。

単独行動していたロックは、偶然セリスを見つけます。
セリスは幼い頃、帝国によって人工的に魔法の力を植え込まれた魔導将軍。

そんなセリスは裏切りの疑いをかけられ、帝国に拷問されていました。
帝国のやり方に疑問を感じていたセリスは、ロックと行動を共にし、ナルシェを目指します。

ティナたちとはぐれた、エドガーの双子の弟マッシュは以下の者たちを仲間にする。

  • 祖国と家族を帝国のケフカに毒殺されたカイエン
  • 野生児のガウ
  • 暗殺者のシャドウ

彼らとナルシェをめざします。

ナルシェに集結したティナたちは、幻獣を狙う帝国軍を追い返すことに成功するが、幻獣と向かい合ったティナは姿を変え、どこかへ飛び去ってしまう。

現在(後半)

ティナを見つけるが意識不明の状態

なんとかティナを発見しますが、彼女は意識不明。
ティナを保護していたのは、ラムウという老人幻獣。

ラムウは、1000年前の魔大戦やガストラの幻獣狩りについて語ります。
ガストラによってとらえられた幻獣たちは、いまも力を絞りとられている。

しかし帝国のやり方は、実に間違っている。
幻獣は死ぬ時その力を魔石に残し消える。

その魔石こそが、本来の力の結晶。
ラムウは幻獣たちを救うため自ら魔石となり、ロック達に力を授けます。

幻獣を助ける・世界を救うために、帝国の魔導研究所に潜入をこころみますが、一筋縄ではいきません。
世界にひとつしかない飛空艇の持ち主セッツァーの協力で、帝国の魔導研究所に潜入します。

研究所内には、ケフカがいました。
ケフカは用済みになった幻獣たちをゴミのように扱います。

幻獣達はロックたちに力を貸すのです。
そこに現れたシド博士・ケフカが驚きます。
魔石になった幻獣の力が、数百倍になることをしりました。

ケフカはセリスに
「もう芝居はいいから、魔石をこっちに持って来い」と言います。

セリスはスパイとして
「僕たちと一緒にいたのか?」と、ロックはショックを受けます

「違う信じて」
セリスは言いますが、ロックは何も言えませんでした。

敵に包囲されたロックを助けるため、自分を信じてもらうため、セリスは命をかけてケフカに向けて力を解放します。

ケフカは、青い光とともに消滅しました
ロックは、セリスを信じてやれなかったことを後悔していました。

シド博士も自分がしていた実験の愚かさに気づく、シドはセリスを昔から娘のように思っており、それと同時に人口の魔導戦士として教育をしていました。

もう一度会って謝りたいと後悔していました。
一行は ティナの元へ戻ります。

持ち帰った魔石と共鳴し記憶を取り戻すのでした。
過去を取り戻したティナは、少しずつ力をコントロールできるようになりました。

帝国に対抗しうるため力を貸してくれるよう、ティナは幻獣と交渉しに封魔壁へと向かいます。

突然、封魔壁が開き、仲間の命を奪われ、怒った幻獣たちが一斉に飛び出してきます。
瞬く間に帝国を破壊し姿を消します。

帝国の皇帝ガストラはこれまでの態度を一変させ、リターナーに和平を申し込んできます。

ガストラはロックたちに次のことを語ります。

  • 幻獣の力を目の当たりにした
  • 帝国はもはや戦う気が起こらない
  • 自分は間違っていた
  • 世界に謝罪したい

ロックたちは、半信半疑のまま、和平に応じるため幻獣へあいに行きます。

その同行者として、セリスとロックが再会する。
しかし、両者の間には溝が残っている状態だった。

何とかセリスと会話しようとするロックだが、セリスは一向に口を開かなかったのだ…。

幻獣達は
「人間界に来た途端、力が暴走してしまい帝国を攻撃してしまった。」
「帝国に謝りたい」

幻獣も和解したいという考えでした。

帝国と幻獣は和解する。
ロックとセリスの仲も修復され、ついに全ての問題が解決した!

かにおもわれたが…。

そこに突然ケフカが現れ、無差別に攻撃してきます。
幻獣たちを不思議な力によって次々と石化していきます。

皇帝ガストラの命令でした。
和平は嘘だったのです。

そんなガストラは、三闘神の像を発見します。
ここまでは、ガストラの思惑通りでしたが、思わぬ落とし穴がありました。

ケフカがガストラを殺してしまうのです。
そして、三闘神のバランスを崩してしまいます。
ケフカは三闘神を復活させようとたくらむのでした。

三闘神のバランスが崩れたことにより、世界の崩壊が始まります。
ロックたちは急いでその場を脱出しますが、強い衝撃により、飛空艇は振り落とされてしまいます。

その日世界は引き裂かれたのです。

魔大陸

目覚めたセリスは、無人島でシドに看病されていました。
あの日から1年も経過しているということでした。

世界は日に日に朽ち果てており、動植物は絶滅しようとしていました。
セリスは、シドが頑張って作っていた船にのって無人島をはなれます。

町に入り、情報を集めると驚くことを知ります。

なんと、三闘神の力を手にしたケフカは、今や世界の神として君臨しており、恐怖で人々を支配していたのです。
世界各地を回り、かつての仲間達をあつめます。

中でもティナは、親を失った子供達を守り暮らしており、戦う力を失っていたのです。
そのため、戦うことを拒みます。

しかし、「愛」という感情を理解したティナは、子供達を守るため再び立ち上がります。
そして最終決戦を目前にした一同は、1つの疑問が浮かびます。

三闘神は、幻獣や魔法を生み出した神。
三闘神がいなくなれば、幻獣が消える
つまりティナはどうなるのか答えはわからない。

その疑念を残したままケフカおよび三闘神と最終決戦をする。
三闘神を倒しても、力が消えない。

ケフカが三闘神の力の源をすべて奪っていたのだ。
すべてを壊したいケフカと、それぞれが守るべきもののために戦います。

翼が生え、まるで神のようなケフカ。
ケフカを無事に倒したが、セリスが危惧していたように、魔石が砕け散り、幻獣がきえていってしまう。

ティナもその場に倒れてしまう。
父マディンの魔石は消える直前ティナに語りかけます。

「もしお前が人間として大切な何かを感じ取れていたら」
「お前は人間としてこの世界に…」

そう言い残し、マディンの魔石は砕けた。

飛空艇を先導するために飛び出したティナだが、次第に力が亡くなり落下していく。
セッツァーの操縦する飛空艇で見事キャッチ。

ティナは人間として世界に残ることができました。
街は復興し木々は芽生え新しい命が生まれました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする