映画 アナと雪の女王感想 真実の愛とは?

(C)2013 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

ディズニー史上初のダブルヒロイン作品!

アカデミー賞も受賞して一躍ブームに。

エルサがお城から逃亡する際に、アレンデールの街は荒れ模様。

災害が多い日本で、大吹雪はなかなかないでしょうけど、

地震や大雨などがある中で、人との支え合いは素晴らしいものですね。

一言あらすじ:魔法を隠して過ごして来たエルサだが成人の日に秘密がばれてしまう!

一言感想:一番怖いのは人間と天災

映画詳細

(C)2013 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

  • 監督:クリス・バック、ジェニファー・リー
  • 原題:Frozen
  • 制作:アメリカ(2013年)
  • 上映時間:102分

キャスト

  • アナ -:クリステン・ベル(神田沙也加)
  • エルサ:イディナ・メンゼル(松たか子)
  • クリストフ:ジョナサン・グロフ(原慎一郎)
  • オラフ:ジョシュ・ギャッド(ピエール瀧)
  • ハンス王子:サンティノ・フォンタナ(津田英佑)
  • ウェーゼルトン公爵 :アラン・テュディック(多田野曜平)
  • パビー:キーラン・ハインズ(安崎求)
  • オーケン:クリス・ウィリアムズ(北川勝博)
  • カイ:スティーブン・アンダーソン(飯島肇)
  • バルダ:マイア・ウィルソン(杉村理加)
  • ゲルダ:エディ・マックラーグ(増岡裕子)
  • 司教:ロバート・パイン(竹本和正)
  • アレンデール国王:モーリス・ラマルシェ(根本泰彦)
  • 幼いアナ:リビー・スタベンラッチ(稲葉菜月)
  • 子供時代のアナ:アガサ・リー・モン(諸星すみれ)
  • 幼いエルサ:エヴァ・ベラ(佐々木りお)
  • 10代のエルサ:スペンサー・レイシー・ガーナス(小林柚葉)
  • スペインの高官:ジェス・コーティ(桂一雅)
  • ドイツの高官:ジェフリー・マーカス
  • アイルランドの高官:タッカー・ギルモア(野川雅史)
  • アレンデール王妃 :ジェニファー・リー(最所美咲)
  • マシュマロウ:ポール・ブリッグス(藤原貴弘)

あらすじ

(C)2013 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

生まれつき魔法の力を持つエルサとその妹アナの物語です。
幼い頃、夜中にこっそり雪遊びをしているとエルサはアナに怪我をさせてしまい、魔法の力は隠して生活することになります。
妹アナへはもちろん国中の人たちにバレないように、お城の扉を閉ざして生活をします。

2人は成長してエルサ王女の成人式の日、お城でパーティーが開かれます。
パーティーの当日、馬とぶつかったことがきっかけにアナはハンス王子と出会います。

そしてパーティーの途中でハンス王子と再開するアナ。
いろんなことを話して一気に距離が縮まり婚約するのでした。

アナはエルサに婚約のことを告げ、一緒に暮らしたい、このお城で住もう!と突拍子もないことを射出します。
そんなアナの突然の告白。
エルサは「許しません!愛が何かもわからないのに…」
その一言がきっかけに、
「エルサだって引きこもってばかりで!」とアナも言い返します。

喧嘩の途中、アナがエルサの手袋を外してしまい、不意にエルサは魔法を使ってしまい
お城にお祝いに来てくれていた人たちに魔法がバレてしまいます。

このままでは人を傷つけてしまうと思ったエルサはお城を飛び出します。
するといつもあったかい街が、雪で覆われ、冬になってしまいました。
アレンデールに夏を取り戻すため、アナはエルサを追いかけるのでした。

感想

(C)2013 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

個人評価:★★★★(4/5)

この作品、冒頭10分で家庭内悲劇降臨。

親と離れ離れとか、個人的にディズニーあるあるだと思ってます。

「すぐに帰ってくるよ」は死亡フラグですね。

CMとかだと、「レット・イット・ゴー」の映像が印象に残っていて、

開放的なエルサと心配性のアナってイメージだったんですけど、

作品を見ると一転しました。

魔法がバレないように部屋に引きこもり人を避ける心配性のエルサと、

天真爛漫にいつも元気いっぱい、外の世界に憧れるアナでした。

この後のストーリーでエルサは、魔法がバレたことをきっかけに、

自分らしくいようと「レット・イット・ゴー」を歌い自分のお城を作り上げます。

この時の氷のお城がめちゃくちゃ綺麗で、劇場で見たときは圧巻でした。

冒頭の「氷の心」の曲から氷の表現と雪の結晶、

アナ雪のタイトルロゴまでもすごく作り込まれていて、すごく素敵な映像でした。

3Dで見たので、のこぎりで氷を切るところとか、

ちょっとびっくりする部分もあったのですが(笑)

そしてキャラクターそれぞれがすごく個性的で楽しめました。

中でもオラフの自由な感じが元気をくれます。

劇場で見たときもオラフの一挙一動で

会場にざわつきと笑いがあったのが印象的です。

そして個人的にお気に入りのシーンが、

エルサと氷のお城に攻め入る他国の衛兵たちのバトルシーン。

ずっと力を使わないように生活してきたのに、

お城を作った後の氷の扱い方が神ががってる!氷で戦う姿がかっこいい!

アメコミアニメにゲスト出演すれば優勝レベル。

エルサめっちゃ強いです。

ネタバレ感想を読む

笑いもあって、バトルもあって、どんでん返しもあって、

最後はベタだけど感動もある。

すごく盛りだくさんで、

ディズニーだからと言うフィルターを除いても、

すごくわかりやすくてのめりこめる映画だなと思いました。

そして、2019年11月には

続編の公開が発表されているみたいなので、楽しみです♪

アナと雪の女王のDVD・Blu-rayはこちら

この作品はU-NEXTで見ました。

※ページの情報は17年7月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする