仕事ができる人とできない人の違い3選【たった5秒思考を変えるだけで、仕事の9割はうまくいく要約】

  • 精一杯頑張っているのに仕事が出きない
  • 毎日残業しているのに仕事が終わらない
  • よく考えて仕事しろと上司に怒られる

あなたはこのような悩みをもっていませんか?

どうして仕事ができる人と仕事ができない人の間で、大きな差ができるのでしょうか?

今回は、仕事ができる人と仕事のできない人の違いを見ていこうと思います。

仕事ができない人の特徴を3つ紹介します。

  1. 仕事をすぐに終わらせない
  2. 「許される失敗」と「許されない失敗」を見極めない
  3. 仕事に優先順位をつけない

それでは詳しい内容について見ていきましょう。

スポンサーリンク

仕事をすぐに終わらせない

 仕事ができない人は、仕事をすぐに終わらせない傾向にあります。

「クジ君、この書類を印刷しておいて」

「わかりました部長。あとでやっておきます。」

「クジ君。このメール早急に返信しておいて」

「わかりました係長。あとでやっておきます」

このように仕事ができない人は、仕事をすぐに終わらせないことがあります。

「あとでする」といって、仕事を先延ばしにするのです。

「いつまでも同じ仕事に追われる」

「やってもやっても仕事が湧いてくる 」

「毎日バタバタとして気がつけば定時を回っている」

仕事を先延ばしにしていると、このようなことになることも少なくありません。

仕事を遅らせる・ため込むということは、それ相応のリスクをはらんでいることを知っていなければなりません。

社内で完結することのできる仕事については、まだいいでしょう。

ここで問題視すべきは、「顧客」や「お客様」がかかわっている時です。

「朝早く申し訳ないんだけど、この契約について聞きたいんだよね…」

「確認が必要なので、本日の15時ごろに折り返しますね。」

お客様からすれば簡単な内容をききたいだけなのに、「どうしてそんなに返事が遅いの?」と不信感を与える原因になりかねません。

ただここでは、「15時ごろ」と明確な時間設定をしているのでまだマシでしょう。

ひどい人は「後で折り返す」と言って、折り返し連絡が翌日になってしまうこともあるほどです。

お客様からすれば不信感が募り、契約破棄となってしまうことも少なくありません。

私個人の出来事ですが、賃貸契約の際にこの例と同じことがありました。

結局その仲介業者とは、契約手続きはしませんでした。

このように、「先送りされた仕事」は「成果を生まない仕事」に変わってしまうことがある。

できる限り仕事は、その場で完結することが大切なのです。

許される失敗と許されない失敗 

世の中には数え切れないほどの失敗が溢れています

  • ケアレスミスでおこった失敗
  • 上司の言うことを無視して起きた失敗
  • 褒められる失敗
  • 自分で対処のできない失敗

このようにたくさんの失敗がありますが、失敗の可能性がゼロという仕事はありません。

取引先とのメールのやり取りに始まり、大きな売上につながるプレゼンテーションまで全てに失敗の要素が含まれています。

これらの失敗には、2種類に分けることができます。

それが「許される失敗」と「許されない失敗」です。

会社においては、この二つの失敗があるということを、あらかじめ知っておく必要があります。

そして「許されない失敗をしない」ということが最重要です。

「許される失敗と許されない失敗の違いがわからない…」という場合には、「影響度の大小」で考えるといいでしょう。

例えば、どの程度の損失が出たのかというのが「影響度」です。

「1000万円の損失の失敗」と「1万円の損失の失敗」とでは、どちらの失敗が「してはいけない失敗」なのかは明らかですよね。

ほかにも、この失敗をすることで「自分だけが被害を受けるのか」それとも「チーム全体が被害を受けるのか」さらに「取引先など社外にも迷惑をかけるのか」という違いで基準を分けることができるでしょう。

そんな 失敗というのは、事前の確認で回避できることが可能なものです。

「許されない失敗」も例外ではありません。

ここで、とある営業マンAさんを例に見てみましょう。

A さんは、取引先に提出する企画書を作っています。

取引先からは「17時までに必ず送るように。」 と言われています。

A さんは何とかこの取引をものにしたいと考え、細部に至るまで念入りに企画書を仕上げています。

17時少し前にようやく完成し、企画書を確認していると、太字にしたはずの文章の最後の「。」だけが太字になっていませんでした。

 A さんは慌てて修正します。

そして17時ちょうどにメールを送ることができました。

そうこうしていると、取引先から数行のメールが返ってきました。

「期限が過ぎた上に、添付ファイルが付いてなかった」

「残念ながら今回は貴社の企画は見送る」という内容でした。

取引がダメになった瞬間です。

この例の中で「許される失敗」と「許されない失敗」はどれでしょうか?

 A さんは、この取引を獲得するために細部まで完璧にしようとしたのです。

決して無能な人ではありません。

しかし A さんに足りなかったのは、どの失敗が許されない失敗なのかわからなかったことです。

「期限内に取引先に企画書を送れない。」という失敗は、影響度が大きく絶対に許されないという前提で仕事をしていれば、細い文字の失敗は許されるものと考えるべきだったのです。

だから余裕を持って企画書のファイルを送り、取引先に電話をかけて確認する。

このように仕事をしていれば、許されない失敗を回避することができたのです。

一生懸命やってるのに、結果的に許されない失敗をしてしまうあなたにもこのようなケースはありませんか?

このようなケースに陥りがちなのは、責任感が強く、完璧を目指すタイプが多いそうです。

そのような人はどれが許される失敗か、どれが許されない失敗かを考えることが必要なのです。

もちろん、全ての仕事で失敗が許されない職業が存在するのも事実です。

例えば飛行機のパイロットや管制官などは、些細なミスも許されません

それは人命がかかっているからです。

すべての仕事が、最重要事項となります。

かし彼らには「それだけの仕事をこなす能力」や「周りのサポート体制」があります。

仕事に優先順位をつけない

仕事ができない人は「仕事に優先順位をつけない」ということです。

仕事ができる人は、基本的に「優先順位」をつけています。

仕事において、「優先順位を決める」のはとても重要なことです

仕事の成果の大半は、優先順位設定力で決まると言われているほどだからです。 

たくさんの仕事がある中から、どの仕事からしていくのか考えなければなりません。

本来全ての仕事には時間制限があります。

時間の制約があれば、人は考えます。

しかし、時間の制約がなければ考えません。

だから時間制限がない仕事でも、作業の終了時間を決めましょう。

これが大前提です。

優先順位をつけるのが苦手な人はこのような方法を取ることができます、

本当にそれからしなければいけないのか、という ことを作業する前に少し考えるのです。

ちなみに優先順位を決めるということは、先ほどの許される失敗 許されない失敗でも活用することができます。

許されない失敗のほうを優先的に処理する必要があるからです。

なので、許されない失敗をしないように優先順位をつける必要があるのです。

まとめ 

最後にまとめです。

仕事のできる人と、仕事のできない人のちがいは次のものです。

  1. 仕事をすぐに終わらせる
  2. 許される失敗と許されない失敗を見極める
  3. 優先順位

たくさんの仕事がある中から、どの仕事からしていくのか考えましょう。

優先順位を決めるということは、許される失敗 許されない失敗でも活用することができます。

許されない失敗のほうを優先的に処理する必要があります。

優先順位の設定力を磨いて、効率よく仕事をこなせることができれば、あなたの評価もぐんぐん上がること間違いなしです!

ここまでご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク