【U-NEXT】利用した感想とサービス詳細まとめ、君の名は。が観たくて。

動画配信サービスと言えば?

Hulu、Netflix、DMM.com、Amazonプライムビデオなど色々ありますね。

中でも、多種多様な作品を揃えているのが、U-NEXTではないかと私は思います。

120,000の動画配信!毎月2,000本以上更新!とU-NEXTの TOPにも記載があり、新作の映画・ドラマだけでなく、雑誌やコミック、大人向けムービーも観れる。

今回はU-NEXT(ユーネクスト)サービス詳細をご紹介していきたいと思います!

※ページの情報は17年8月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

主なサービスは?

【無料期間】

どこの動画配信サービスでも基本的にご用意している無料期間!

U-NEXTは31日間!
丸々1ヶ月無料です!

この先見続けるかどうか、1ヶ月もあればアプリの使い方も理解できるし、好みの作品があるかどうかもしっかり見極めることができるのではないでしょうか?

無料期間中は、見放題のものはもちろん、新作も見ることができるように、”初回600P”付与されますので、ぜひ新作や有料作品も「ポイントで見る」で見てみてください。

また、映画やドラマだけでなく、U-NEXTでは雑誌やコミックも見れるようになっています。

【料金とポイントについて】

気になる料金は、1ヶ月:1990円(内課金あり)
他の動画サービスに比べると私的には少し高い印象です。

ですが、実際使ってみた感想としては、新作などが視聴できる1200Pが込みと考えれば、見放題分はそこまで高くないのかなと思いました。

無料期間が終わると、その翌日に前払いとして、登録した請求先に請求が上がります。
毎月、月額料金発生時に、ポイントが1200P付与される仕組みです。

さらに新作を見たい!有料作品を見たい!
と言った場合にはポイントを購入(課金)する事で視聴可能です。

【月額料金の注意事項】

無料期間終了後は基本的に”自動更新”となります。
その際に注意して欲しいのが、無料期間 ”終了後” の料金スタイルについて。

他社は翌月以降、1ヶ月毎での更新というサービスが多いですが、
U-NEXTは、31日終了後、翌日から月末までで1ヶ月分の料金発生、翌々月1日より、2回目の料金発生となります。

Huluを比較に、図にするとこんな感じ、黄色の部分に注目!

見づらくてすみません…

U-NEXTの場合、極端な話をすると…
月末に登録した場合、たった数日間で1990円、その翌月1日から1990円が発生することになります。

もし継続利用も少なからず考えているなら、月頭に登録することをお勧めします。

【同時視聴 可能数について】

家族が多い場合、誰か一人が利用していると、他の家族が見れない、というのが不便な所。

U-NEXTは、同時に4台(アカウント1契約につき、子アカウント3台まで)まで同時視聴可能です。

ただし、同じ作品を同時に見ることはできない為、それぞれ別の作品をお楽しみください!
ちなみにU-NEXTポイントは共有となります。

対応可能デバイスは?

私はiPhone7なので、基本的に移動中や寝る前に見ることが多いです。
あとは休みの日にPCで見ていますが、PCでも携帯でも、続きから観れるようになっているので便利です。

テレビ

U-NEXT TV ソニー [ブラビア]
TOSHIBA [REGZA]
シャープ[アクオス/アイシーシーピュリ]
Panasonic [VIERA]
LG Electronics [LG Smart TV]
HITACHI [WOOO]
船井電機株式会社 [FUNAI]
Chromecast
Chromecast Ultra
Nexus Player
Amazon Fire TV
Fire TV Stick
[NTT西日本]光BOX+
ソニー [ブルーレイディスクプレイヤー]
ソニー [ホームシアターシステム]
ソニー [コンポーネントオーディオ]
MOVERIO BT-300

ゲーム機

PlayStation(R)Vita TV
PlayStation(R)Vita

スマートフォン・タブレット

iOS
Android™
パソコン”

OSWindowsMac
バージョンWindows7 SP1以上/8 以降/10Mac OS 10.5.7以上(インテルベース)
ブラウザGoogle Chrome 12以降
Internet Explorer 10.0以上
Edge
Firefox 12以降
Safari 4以降
Firefox 12以降
プラグインAdobe Reader Silverlight 5.0.61118.0以上
※再生が始まらない場合、ブラウザのプラグインを有効にしてください。
コンポーネントx86またはx64 1.6GHz以上の
プロセッサおよび
512MB以上のRAM
Intel Core Duo 1.83GHz以上の
プロセッサ及び
512MB以上のRAM
設定JavaScript Cookieが有効

※2017年、08月現在の可能デバイスです。

利用できるデバイスは多種多様ですが、
よく利用する機器を確認して登録することをお勧めします。

お支払い方法は?

クレジットカード

・Visa
・Master Card
・JCB
・アメリカン・エキスプレス
・ダイナースクラブカード

その他お支払い

・ドコモケータイ払い
・auかんたん決済
・ソフトバンクまとめて支払い
※携帯会社の合算支払いは、初回登録時のみ選択可能。

・楽天ペイ(オンライン決済)
スマートフォン・タブレット、またはパソコンから一部のキャンペーンでお申込みの際に楽天ペイ(オンライン決済)でお支払いができます。

・Amazon.co.jp
Amazon Fire TV / Fire TV Stickをご利用になる場合に、Amazon.co.jpでお支払いができます。

・U-NEXTカード ギフトコード
コンビニなどでご購入いただけるプリペイドタイプの支払い方法です。記載されているコードを入力することで、サービスが利用できます。

登録後の変更も可能ですが、携帯支払いは初回選択のみとなります。

実際に利用してみた感想

個人的メリットは…

ポイントで新作が観れること。
無料期間中もポイントが付与されるので、ポイントで話題の作品なんかも見れちゃいます!

今まで新作はTSUTAYAまで来店して、借りてきて、観たら返しに行く。
来店して選ぶのはどれを見よう、とワクワクするのですが、返しに行くのが面倒だったり、観てないまま返却期限がきちゃったり、返し忘れて延滞金がかかっちゃう…なんてことがありました。

計画なく借りてしまうのが私の良くないところですね(^^;)

U-NEXTは見たい時にレンタルという形で、毎月付与されるポイントで新作が観れる、また雑誌や漫画が読めるというのがすごく嬉しいところでした。

画質も良く、作品のお気に入り登録ができるのもいいところですね。

そして、いろんなタイトルで作品がピックアップされていること。

例えば
「【9/15更新】劇場公開&放送から間もない最新作」だとか
「見応え抜群!100話以上のロングラン作品」だとか

検索窓から検索はもちろんできるのですが、観たい作品は決まっていないけど何か観たいという時にとても重宝しています。

個人的デメリットは…

料金が少し高いこと。
毎月たくさん見るならいいのですが、新作もたくさん見る時とそうでない時がまちまちなので、ちょっと勿体無いかなと思う月もあります。

日割りでの計算というものがないので、なにかあれば解約するしかない。
途中でお休みとかでできればいいんですけどね。

そして見放題作品が思っていたよりも少ない。
ディズニーなど、新しくない作品もレンタルが多く、ちょっとなつかしいので観て見よう!と思ったら、レンタルでがっかりすることが多かったです。

連続アニメなど続き物は見放題作品が多いのですが、人気作品・話題のものはレンタルが基本なのかな。
うまくできてるなと思いました(;v;)

まとめ

無料期間が31日!1ヶ月丸々楽しめる。
・U-NEXTはポイントを使って新作や雑誌・コミックも観れる。
・同時に4台(アカウント1契約につき、子アカウント3台)まで同時視聴可能。
・無料期間”終了後”のことも考えて、契約は月初がオススメ。
支払い方法は加入後に変更できるものとできないものがある。

実際どんなサービスなのか使ってみないと判断は難しいと思います。

人によって好きな映画やドラマにも偏ってきます。
また、安さを取るか、サービスを取るかでも変わってきます。

せっかく無料サービスがあるので、
ためして、あなたにあったサービスを見つけてくださいね。

素敵な作品と出会えますように。
ここまで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする