【感想】グレイヴ・エンカウンターズ 1度入ったら出られない?!

グレイヴ・エンカウンターズ

(C)2010 DIGITAL INTERFERENCE PRODUCTIONS INC. and TWIN ENGINE FILMS LTD.

夏も本場、それゆえになかなか外出する気が出ないのは私だけでしょうか…。

冷房の効いた部屋でカーテン引いて暗くして

ホラー映画でもいかがですか?

一言あらすじ:精神科病院の廃墟で撮影したら色々撮れちゃった…

一言感想:ちょっとホラー苦手な方も観れる映画。

映画詳細

(C)2010 DIGITAL INTERFERENCE PRODUCTIONS INC. and TWIN ENGINE FILMS LTD.
  • 監督:ザ・ヴィシャス・ブラザーズ
  • 制作:カナダ(2011年)
  • 上映時間:94分

キャスト

  • ランス·プレストン:ショーン·ロジャーソン
  • サシャ·パーカー:アシュリー·グリスコ
  • マット·ホワイト:フアン·リーディンガー
  • ヒューストン·グレイ:マッケンジー·グレイ
  • T.C:メルウィン・モンデサー

あらすじ

「グレイヴ・エンカウンターズ」というチームのメンバーは
超常現象や怪現象を題材にTV番組製作を行っていました。
今回の収録の番組は、精神科病院の廃墟です。

主人公のランスは心霊などは信じておらず、
番組が盛り上がるように軽い気持ちで一晩、撮影を始めるのでした。

入口に鍵を掛け、管理人に翌日の朝開けるように指示します。
中に入り込んだグレイヴエンカウンターズのメンバーたち。
カメラをセットして撮影を進めていく内に違和感を感じ始めます。

1度徘徊した時と車椅子の配置が違っていたり、窓が相手いたり…?!
様々ば怪奇現象がメンバーを襲う!!!

感想

個人評価:★★★(3/5)

個人的に最初の前置き長いし、本当に何か起きるの?

と思って、ちょっと眠くなっちゃう所もあるのですが、

一つ、また一つと怪奇現象が起こり始めると、

もうノンストップでバンバン色々なことが起こるので、

そこまでたどり着くと見ていてとても楽しいです!

バンバン起こりすぎて思わず笑いが(´∀`)

それでもなんかめっちゃ怖いってわけではないんですよね。

幽霊の自己申告がはげしいからかな。

パッケージの女性も突然現れるっていうよりは、

「何かいるよ?」「話しかけるの?」ああああああああ・・・やっぱりね、

って感じなので、心の準備ができる(笑)

手持ちのカメラだと、映像の中への距離が近い気がするからかな?

自分がお化け屋敷に入っているみたいです!

その中でも、何かをするためにカメラを地面に置いて、作業して、

また手に取るまでの間に車椅子が動いたり(カメラの持ち主は会期に気づかない)、

ただ廊下を歩いているだけでも何か出るんじゃないかって、ちょっとドキドキ。

このドキドキがたまらないんですよ。

非日常的な感じ。

そして出演メンバーが少ないので、

名前を覚えるのが苦手な私には優しい作品でした。

全体を通して、ホラー作品の中ではとても好きな作品です!

音で驚かすというよりも、映像で驚かせてくれる感じで、

グロすぎるということもないし(多少はグロい部分もありますが)

後味もモヤモヤが残るわけでなく、1つの作品として完結していました。

一人で怖さを楽しむのもいいですが

怖いなら誰かと一緒に観て見るのもいいのではないでしょうか。

グレイヴ・エンカウンターズのDVD・Blu-ray購入はこちら

ここまで読んでいただきありがとうございました。