【ムビチケ】使ってみた!種類と購入方法、使用方法を紹介

大人の方も学生の方も、その他皆様お疲れ様です。

以前、映画館で映画を安く見る方法

紹介させていただきました。

映画を格安で見る手段の一つとして

ムビチケというサービスがあるのはご存知でしょうか?

今回は「ムビチケについてと使用方法」を

紹介していきたいと思います!

ムビチケとは?

ムビチケとは…?

  1. 通常料金よりオトクな映画前売券
  2. ネットで座席指定ができる
  3. 劇場の自動発券機で入場券を発券するだけでスマートに入場できる

劇場でチケットブースに並んで
定価でチケットを購入することと比べると、
いいことしかないですね!

当日、劇場に到着!
チケット売り場は長蛇の列…。
長時間並んでやっと自分の番が来た!
せっかく並んだけど観たい映画の空席は微妙なところだった…。
なんて経験が私にもありました。

ムビチケなら、そんな面倒ともおさらばですよ!

ムビチケの種類・購入方法

ムビチケには3種類あります。

種類の説明と購入方法、メリット・デメリットを紹介!

1、ムビチケカード券

ムビチケカード券はテレフォンカードのような、
薄いカードの前売り券です。

私がよく使用するのはこのカードタイプです。

劇場で目にする機会もあり、
知っている方も多いのではないでしょうか。

★購入方法
ムビチケを取り扱っている映画館で購入。
または金券ショップなどで購入。

★メリット
映画を観ても観なくてもカードを手元に残せる。
コレクションとして残している方も多いようです。
前売り券ですが、金券ショップなどでは
上映が始まっても購入できる場合があります。

★デメリット
店舗、または金券ショップに出向く必要がある。
人気作品の場合は、在庫があるとは限らない。

2、ムビチケオンライン券

ムビチケオンライン券は、ネット上で購入し、
メールで購入番号が届く映画前売り券です。

ムビチケオンライン

★購入方法
公式サイトなどで購入が可能です。
公式サイトはこちら

★メリット
ペーパーレスで現代的、最もエコなチケット。
購入のために外出不要、ポチるだけ。
紛失の心配もないので、うっかりさんにもおすすめ!

★デメリット
形としてチケットを手元に残すことができない。
上映が始まると購入ができない。
(上映開始日の前日23:59まで購入可能。)

ムビチケコンビニ券

ムビチケコンビニ券はコンビニで買える前売り券です。
全国の
セブンイレブン、ファミリーマート、
ローソン、ミニストップの
専用端末のある店舗で販売しています。

ファミポート

コンビニに設定されている端末。

見たことはあっても
使用したことがない人は多いかもしれませんね。

★購入方法
コンビニの設置されている端末から「ムビチケ」を検索。
画面の流れにしたがって、映画を選択。
端末から出てきた受付表(長いレシートのようなもの)をレジへ。
レジで代金をお支払いします。

★メリット
自宅にパソコンがない場合、携帯の小さな画面で手続きするのは面倒…。
コンビニが近ければ、見やすい画面で操作ができて便利!

★デメリット
購入できる作品数が公式サイトよりも限られる。
購入自体はできるものの、ネットで座席指定が必要。
コンビニによっては、通常の前売りも販売している。
誤って購入した場合には窓口での引き換えが必要。

ムビチケカード券の使用方法

実際の使用写真で使用方法を紹介したいと思います。

サイトやご覧いただく端末によって多少表示は異なります。

参考としてご覧いただければと思います(^^)

1、カードの準備

まずカードを準備しましょう。

裏面の銀色の部分をコインで削ります。

すると、QRコードと4桁の数字が出てきます。

ムビチケカード

この右上のQRコードと4桁の数字を使って

ネットで座席の指定ができます。

2、劇場または作品名で検索

行きたい劇場を決め、劇場をネットで検索。

または、

見たい映画作品名で検索。

作品公式ホームページの「上映劇場一覧」から
映画館を検索してもいいでしょう。

私が行く劇場は、ほぼいつも同じなので

劇場のサイトから検索しました。

今回私はMOVIX(ムービックス)の劇場で鑑賞です。

上映スケジュールはこちらから次のページに移ります。

3、日にちと時間を選ぶ

活性化している日にちと時間を選びます。

ここで注意して欲しいことがいくつかあります。

  • 選べる日にちはだいたい3〜5日先まで。
  • 劇場によって異なります。
  • 購入後のチケットキャンセル・変更はできません。
  • 間違わないように注意して選びましょう。

日にちを選ぶと次のページに移ります。

4、手順に沿って、ご利用者情報を登録

MOVIXは以下のような画面手順で進みました。

まずは座席の選択。

チケット予約

続いて、

ムビチケがある方はチェックを入れてください。

ムビチケにチェックを入れると

ムビチケ情報を入れる画面が現れます。

この画面で、

ムビチケ購入番号欄に

2次元コードの下の10桁の番号を入力。

ムビチケ暗証番号(4桁)の欄に

コインで削って出てきた4桁の数字を入力。

次の画面に進みます。

ムビチケを入力した枚数分、

緑の部分をムビチケに合わせます。

ムビチケが一枚しかなかった場合は、

1枚分をムビチケにしてください。

次の画面に進みます。

チケット購入に必要な

個人情報を入力します。

同意ボタンにチェックを入れて

次の画面に進みます。

ムビチケで購入であれば

料金は支払い済みのため、

確認画面後は、

「購入ありがとうございました」

という画面に切り替わり、

購入番号が表示されます。

この番号を控えましょう。

あとは劇場に着いたら、
専用端末でチェックインするだけです。

購入番号と電話番号、またはQRコード
チェックインができるようになっています。

QRコードをスムーズに出すためにも、
スクリーンショットを取っておけば便利です。

これで、ネットでの座席予約は完了です。
手順にしたがって入力するだけなので、とても簡単だと思います。

今回はMOVIXでしたが、
TOHOシネマズやそのほかの映画館施設も
同様にホームページ(又はアプリ)があります。

順番は多少違いますが、
基本は同じような入力画面となります。

会員カードを取り扱っている劇場では
会員番号の入力画面も出てきます。

オンライン券・コンビニ券の場合

オンライン券の場合は、
メールで購入コード(10桁)と
4桁の暗証番号が送られてきます。

コンビニ券の場合は、
コンビニのレジでお支払い後、
購入コード・暗証番号が記入された
ペーパーチケットが発券されます。

番号が手に入れば、
購入の手順は同じとなります。

最後に

いかがでしたでしょうか?

わざわざ劇場に出向いて

行列に並びチケットを用意することを考えれば、

ネットでちゃちゃっと予約してしまえは、

時間にも余裕ができて、

より映画を楽しめるのではないかと思います。

また、劇場で前売りを買うと

特典が付いてくる場合もありますので、

何か作品を見た帰りにでも、

劇場のショップをのぞいてみるのもいいですね!

ここまで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする